home < プレスリリース < 2014 < 書籍紹介 2014年4月号
 

           
 壮快(2014年4月号)より『プロがすすめる微生物酵素』で当社の微生物酵素の記事が掲載され
ました。


壮快 2014年4月号


マキノ出版

連載18回目となる「壮快」4月号 (2月16日発売)では「体と心を整える微生物酵素を9年間とり続けて病気に対する考え方が変わった私」と紹介されています。


  P134〜135 「プロがすすめる微生物酵素」連載Qより一部を抜粋してご紹介します。



<体と心を整える微生物酵素を9年間とり続けて
               病気に対する考え方が変わった私


 
西洋医学の概念からはみ出ている微生物酵素
 
 うつ病は、最近やっとその実態が把握され、深く理解され始めてきたようです。
 以前は、うつ病に対する周辺の認識があまりにも不足していて、気の持ちよう、病気ではないかのように
いわれてきた時代が長く続きました。
 しかし、うつ病には長期にわたる場合があることや、企業でもうつ病を予防する取り組みをしないと経済的損失が高いことなどの認識が広まり、ここ数年はうつ病の治療や予防に、社会的な関心が高まりつつあります。
 だれにでも、うつ病になる可能性はあります。常にコントロールが利かず、危険がつきまとうのが、私たちの心なのです。
 人から裏切られた、好きな異性に振られた、子どもが学校に行ってくれない……というのは、だれかを過剰に期待している心のつらさです。世間での心のつらさの8割は、人に対する過剰な欲求、執着です。
 ところで、私は、微生物酵素を9年間とり続けてきました。


〜以下、省略〜



 
 


                            
Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.