home < プレスリリース < 2012 < 書籍紹介 婦人公論12月22日号
 

           
  婦人公論12月22日号(12月7日発売)より当社の微生物酵素の記事が掲載されました。


婦人公論 12月22日号


中央公論新社


婦人公論12月22日号(12月7日発売)で、微生物酵素について語っておられます。


   P62〜63 「心身の声に耳を澄ませ、自然界の恵みを取り入れる」より一部を抜粋してご紹介します。


本来の能力を取り戻す

 私が健康のために気をつけなければならないと思うことは、現代ではごく普通に思える食習慣などが、いつの間にか、すっかり不自然になっていることです。
 約二年半前、二週間ほど砂糖の入っている菓子はもちろん、料理に僅かに入っている砂糖も避け、そのうえ甘い果物も摂らないと決め、付き合いで外食をしなければならないときにも、ほとんど料理に手をつけないほどに徹しました。その結果、宿願だった「甘いもの嫌い」になりました。「我慢」ではなく「嫌い」だから、今や食べないことによるストレスは皆無。「甘いものには目がない」という方は、私から見ると、それは一種の麻薬に侵されているのだろうと思います。もし、甘い物が絶対に人間にとって必要なら、二週間徹底的に甘いもの絶ちした後に、甘いものを食べたら、たまらなく「おいしい」と感じる筈ですが、そうはならないのですから。


                                                    〜以下、省略〜



 
 


                            
Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.