タレントから役者へ 微生物酵素の働きを教えてください!消化酵素の働きを補うだけでなく、代謝酵素の生成を促す力を持った「微生物酵素」に注目が集まっています。その成分や具体的な働き、体への効能を、健康や美容に関するプロであるお二方に語っていただきました。腸内環境が大切南 日頃から体調管理のために、サプリメントの摂取を習慣にしている人は多いと思います。平沼 ええ。でも不足気味のビタミンやミネラルをサプリメントで補おうとしても、それを受け止める側、腸内環境の準備ができていなければ駄目。きちんと栄養素を吸収できる土壌がないと、どんなに体に入れようが、消化管の表面を流れていくだけで吸収されないのです。 南 何を飲めばいいのかという情報ばかりが先行していて、まだそのあたりがよく理解されていないように思います。腸内環境を正しく整えるには、どうすればよいのでしょうか。平沼 人間は、テニスコート1枚分、400uの広さに値する腸の絨毛上皮を内側に閉じ込め、歩けるようになった生き物なのです。その腸内には200兆個から300兆個の常在菌(体に存在する微生物<細菌>のうち、多くの人 に共通し、病原性を示さないもの)がいるといわれています。腸内環境を改善するなら、常在菌を健康にするのが一番です。 南 常在菌というのは、善玉菌も悪玉菌も、両方含めたものですか?平沼 そうです。腸にはもうひとつ、どっちつかずの「日和見菌」という菌がいるんですよ。これはその時々の体内環境で、善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢なほうにつく性質を持っています。 南 私たちの体調が日々変化するのは、その日和見菌の影響なのでしょうか。平沼 その通り。常在菌の中でもっとも割合が高いのが日和見菌です。みなさん加齢臭を気にしますが、きちんと腸内環境を維持できていれば、決して臭うことはありません。ところが、最近は20代の若い人たちの体臭が強くなっているのです。
微生物酵素との出会い 南 野菜をほとんど摂らず、加工食品ばかり、という食生活の影響ですね。平沼 そういう人は口臭もひどくて、香水やガムなどを使っても、隠しきれません。 南 お口の臭いは、胃腸の鏡といいます。それこそ、腸内の善玉菌を増やさなければいけないわけですね。平沼 手軽に摂れる微生物酵素をうまく使うのもひとつでしょう。土や水を浄化する作用があるので、たとえば、土に微生物酵素を混ぜると、野菜がものすごく元気に育ちます。根も1mくらいしっかり張って。つまり、人間が微生物酵素を摂れば、400uの腸内で、これと同じことが起きるのです。 南 腸内の常在菌のバランスが微生物酵素の力によって改善されてくる、と。平沼 これはすごいと思いましたね。私の歯科クリニックでも、インプラントを入れた患者さんには、半年ぐらい飲むことを勧めています。腫れの引きも違うし、傷の治りも早い。免疫力が上がってくるのでしょう。 代謝や免疫を助ける南 酵素というと、野菜や果物を発酵させて作る植物系の酵素がお馴染みですが、それとはまた違うのですか? 平沼 成分も働きもまったく異なるものです。微生物酵素とは、地球誕生以来の有益微生物や微生物が作り出すビタミン、ミネラル、アミノ酸、核酸などの生理活性物質を抽出加工したものです。消化に必要な消化酵素や、呼吸・運動・細胞分裂・治癒などに必要な代謝酵素の産生を促します。 南 代謝や免疫の改善に、酵素が役立っているとは思いませんでした。私は毎朝、二十数種類の野菜や果物を入れたスムージーを飲み、サプリメントもたくさん摂っているので、盤石だと思っていたのです。でも、無理がたたって最近体調を崩したとき、偶然微生物酵素に出合い、その効果を実感しました。また、集中力も出てくるし、熟睡もできる。これは何なのだろうと。 平沼 私もゴルフの前に微生物酵素を摂ると、ティーグラウンドに上がっても全然ドキドキしないです。(笑) 南 体の中から力が湧いてくる感じがしますね。平沼 心に安らぎを与え、幸せ物質ともいわれるセロトニンは、腸内でつくられています。だから、腸内環境がよくなると、マイナス思考にならないのです。 南 なるほど。水や土を浄化するのと同様の作用が体の中で行われていると思うと、すべてのことに合点がいきます。ぜひこれからも続けていきたいと思います。