毎日飲んでいますか?
緑茶は私たちの食卓にありふれたもので、特別な印象はないかもしれません。
しかし、緑茶には私たちの健康維持や体質改善のために必要な成分が含まれているのです。
そこで、緑茶の栄養素にはどのような効果があるのか、
なぜ
その中でも特に抹茶をおすすめするのかについてご紹介します。
緑茶の歴史 緑茶の栄養素 どうして「抹茶」なの? お召し上がり目安 ミニ知識

 緑茶の歴史
 日本では、平安時代頃には緑茶が登場しているようです。鎌倉時代になるとお茶は貴重な薬とされていて、飲用できる人も僧侶など特別な人たちに限られていました。
 中国でも、昔からお茶は薬として重宝されていたそうです。
 このように、お茶は古くから健康の維持、または回復に効果のある「薬」として認められてきました。

 緑茶の栄養素
 緑茶は、生活習慣病の予防に極めて有効な健康食品として見直されてきているほど、豊富な栄養素を含んでいます。その中でも、特に体質改善において重要なことは、ビタミン群がバランスよく豊富に含まれているということです。
 β-カロチン
 当社では、緑茶に含まれる成分では、まずβ-カロチンを重要視しています。β-カロチンは人の腸内でビタミンAに転換し、様々な働きをします。

      主な効能
        ◎抗酸化作用
        ◎ガン予防
        ◎免疫力の増進

 緑茶には、ニンジンの約4倍ほうれん草の約8倍ものβ-カロチンが含まれているのです。
 ※β-カロチンは全てがビタミンAになるのではなく、必要に応じて必要な量だけ転換します。
 そのため、ビタミンA過剰症になる心配もありません。
 ビタミンB群、C、E
 β-カロチン以外にも、抹茶は各種ビタミンをバランス良く含んでいます。
ビタミン 主な効能
ビタミンB、B 糖質、エネルギーの代謝
ビタミンC 抗酸化作用、ガン予防、美肌効果
ビタミンE 抗酸化作用、ガン予防、抗不妊効果
   ※他の食品に比べ、抹茶には非常に多く含まれる。
 カテキン
 カテキンは緑茶の渋み成分であり、以下のような作用で体に良いことはよく知られています。
       発ガンや腫瘍の抑制作用
       活性酸素に対する抗酸化作用
       血液、血管に対する諸作用
          (コレステロール低下、血圧上昇抑制、血糖上昇抑制など)
       抗菌・抗ウイルス作用(食中毒予防)、抗インフルエンザ作用
       脱臭作用(口臭予防)
 この他にも、ミネラル、γ-アミノ酪酸、食物繊維、フラボノイド、葉緑素(クロロフィル)など、たくさんの有効成分が含まれています。

〜緑茶の発ガン抑制効果〜
 茶所で知られる静岡県の人々のガン死亡率は、全国平均に比べて非常に低いことが知られています。その他、1日10杯以上の緑茶を飲む人は3杯以下の人と比較して、発ガンの危険率が低下するという報告もあります。
 また、日本のお隣中国の上海での調査研究では、緑茶を飲む習慣が食道ガンの危険率を低くしていることが明らかになっています。

上に戻る上に戻る

 どうして「抹茶」なの?
 緑茶にはカラダに良い成分が豊富に含まれています。しかし、これらの中には水に溶けにくいものもあります。β-カロチン、ビタミンE、食物繊維などがそうです。
 普通は、緑茶をお湯で煎じて飲みますが、これでは水に溶けにくい成分は茶葉に残ったままで、体内に摂取することができません。
   ※実際、お茶からお湯に溶け出す栄養素はわずか数%と言われています。
これらの成分を茶葉に残したまま捨てるのは非常にもったいないと思いませんか?
 そこで当社では、緑茶の優れた栄養素を残さず摂るためにも、抹茶を飲むことをお勧めしています。
 抹茶は、緑茶の一番茶を臼でひいて粉にしたものですから、この粉末を溶かして飲めば、茶葉に含まれる豊富で良質な栄養素を丸ごと摂ることができます。
 特に抹茶は、煎茶や玉露などに比べてβ-カロチンが豊富に含まれており、抹茶はβ-カロチンの宝庫といえます。

 お召し上がり目安
 1日のお召し上がり目安は3g(小さじすりきり2杯程度)です。
温かいお茶で飲む場合は、カテキン・ビタミンCなどの栄養素を熱で壊さないように、ぬるめ(45℃以下)のお湯に溶かしてお飲み下さい。                簡単な茶食抹茶のつくり方はこちら
  この他に、抹茶はお菓子や飲み物、おかずなど様々なアイディア料理に活用できます。
中でもお勧めなのが、免疫力向上効果のある低温殺菌牛乳で作る「抹茶ミルク」です。
作り方は簡単。ミルサーに抹茶と低温殺菌牛乳を入れて、3秒ほどかき回すだけです。
※お好みで砂糖やハチミツを加えると、抹茶の苦手なお子様にも喜んで飲んでいただけます。

 ただし、腎臓病、現在透析をされている人、クレアチニンの数値が1.7以上の方は
   抹茶はお控えください。

  腎臓は、体内の水分や塩分量を調節するほか、血液中の不要なものをろ過して尿へ排出する
 働きを持っています。
  抹茶には、特にカリウムが多く含まれているのですが、腎臓の機能が低下すると余分なカリウムを
 排出することができなくなり、血液中のカリウムが増加することがあります。→高カリウム血症
 カリウムの増加は不整脈を起こしたり、心臓が停止する危険もあります。
  また、健康な方も1日の摂取目安を守り、摂りすぎには注意しましょう。

 抹茶の素敵なミニ知識
抹茶はお湯を注いで混ぜるだけのとっても手軽な飲み物です。作法などは気にせず、
おいしく楽しく飲めればよいと思います。
大切なお客様に、お茶菓子をつけておもてなしをしたら喜ばれるのではないでしょうか?
その際にちょっとステキに見える抹茶のポイントを紹介します。
  @お茶菓子を先にお出ししてから抹茶を出す。
  Aお茶菓子は懐紙にのせる。
          ※懐紙とは和紙を折ったもので、とても安く手に入ります。
折る時は右上に折り上げましょう。
また、逆に折ると「弔事」を表すことになります。

少しずつでも毎日続けることが大切です。まずは今日から、健康なカラダ作りを始めましょう。
         ご意見・ご質問などありましたらお気軽にご連絡ください。メールはこちらまで。
茶食抹茶 
上に戻る上に戻る
Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.
ティーエフケイ株式会社 神戸市兵庫区和田山通1丁目2-25-D-407
TEL 078-652-0203 FAX 078-652-8532
TFKフリーホン0120-62-0035 e-mail:info@tfk-corp.co.jp
ティーエフケイ式健康法 低温殺菌牛乳 お抹茶 煮干し 臍下丹田呼吸法