上に戻る上に戻る
色彩と健康
  色彩と健康
 だんだん夏が近づいてきて、電車や街の中で白を基調にしたファッションを身につける女性が多くなってきましたね。
 その日、身につけたいと思う色はその日の私達の体調や気分に大きく影響しています。
身体は無意識のうちに、その時心地よいと感じる色、癒しになる色を求めているのです。
 色が私たちの身体、健康に非常に大きな影響を与えていることは意外に知られていないものです。
 
  春夏秋冬の色と言葉のイメージ
 日本には春夏秋冬という四季折々の季節がありますが、それら季節ごとの日本人の言葉と色のイメージはこのようになっています。

季節 イメージ カラー
都の春 桜と春霞→淡いピンクのぼかし。
菜の花畑→薄い黄色一面。
ハイウェーの夏 白・ブルーと赤・黄色の強烈な色の組み合わせ。
ゆかたと水辺 うすいブルーと紺と白。冷たい水のイメージ。
錦秋の谷間 中間色を多く組み合わせる。
オレンジ、赤茶、黄緑等。
冬の憩 白一色。冷たいイメージ。黒とMIX。
赤、黄、オレンジの暖色で全体を包む。

 どうでしょうか?ご自分が抱いているイメージと合致しましたか?

 
  なぜ色が違って見えるのか?
 真っ暗な部屋の中。周りに色は見えますか?目の前にカラフルで綺麗な物があっても、そこに光がなければその色を見ることは出来ませんね。つまり、色を識別するためには光が必ず必要なのです。
 物の色は、光を反射、吸収することによって生じます。光には波のような性質があり波長で表されます。その波長の長さにより赤や黄、青など違った色に見えるのです。たとえば、赤くみえる物は、その物体が赤い光のみ反射し、それ以外の光を吸収してしまうため、赤い光だけが人の目に届くということになります。
 目から入った光は脳の視床下部にまで届きます。ここは、神経系・内分泌系という人の精神状態と大きく関係するところなので、色の違いは人に様々な影響を与えると言われています。

  色の不思議な効果
 目隠しをして「真っ青な部屋」と「真っ赤な部屋」に入った時に感じる体感温度は3度違うと言われています。これは、人間は肌からも色を感じることを指します。
 目は赤・青・緑の3種類を感知する錐体があり、この三色を組み合わせることで様々な色を脳の中で再現して、色を認識しているのです。そして、その目で認識できる色は、なんと750万〜1000万色だそうです。
 また、人間の五感で視覚は約90%を占め、そのうち、80%以上が色の情報と言われています。そういった色に私達は影響を受けないはずがありませんね。私達の生活がいかに色彩に影響を受けているかお分かりいただけたのではないでしょうか?

  色が身体に与える影響
 『色』は健康と密接な関係があり、着る服、身のまわりの色によって私達は様々な影響を受けています。簡単な表にしてみましたので、是非ご参考にして下さい。

カラー 色による影響
精神の高揚を鎮めてリラクゼーション効果があります。
興奮神経を抑える効果がありますので、気持ちを落ち着かせたい時に良い。
知的活動による頭の疲れや不規則な生活による心身の疲れなどを改善する効果があります。
ピンク イライラした気持ちを鎮め、おだやかな気持ちにしてくれます。お肌を若返らせる効果もあります。
血行をよくして身体を温めて活力を与える効果があり、意欲的になります。
血行を促進して身体を温め、身体の機能を活性化させます。
胃のはたらきをよくし、消化活動を助けてくれます。
 最も人の網膜に負担をかけない波長であり、胃は緑色を見るのに労力を要さないので、長時間緑に囲まれていてもつかまることはなく、集中力を保つことができます。

 
  若返りと健康
 若いころは、黒やグレーなど地味な服ばかり着ていたものが、だんだん明るい色の洋服が増えてきた方が多いのではないでしょうか?
 年齢を重ねれば重ねるほど、服装は華やかな色に、化粧も明るい口紅をつける方は多いようです。
 特にピンクはホルモン分泌を促し、内分泌系を活性化する効力があるそうです。この色を使うと若返りと幸福感につながるそうです。また年代を問わず肌を若返らせ、健康にする効果があるので、下着や寝具、部屋の色として使うと良いそうです。

 また、アメリカの刑務所では監獄や少年院などの独房をピンク色に塗ったところ、暴力的な行為が減ったという報告があります。ピンク色には自律神経・下垂体を刺激して、苛立った神経を数分で鎮める力もあるそうです。

  ちょっと明るめの洋服が意欲を引き出す理由
ネクタイやシャツ、スカーフや靴の色を変えただけで、気持ちまで変わります。身につけるものや身の回りにある色を上手に使うことで、自分の気持ちを盛り上げることができます。
 また、使用している色の数が多いほどより覚醒効果がある、「やる気」が出るということが分かっています。
 会社に行って仕事をして家に帰る、育児に追われながら家事をするなど毎日同じことの繰り返しを続けているとココロにぽっかり穴が開いてきますよね。
 その穴を埋めるには、繰り返しの毎日の中に「変化」を加えるとある種の快感を精神にもたらします。気分転換に洋服やインテリアなどの色使いを変えることも刺激となります。
 これらの覚醒感や快感をもたらす「変化」は、配色によって意識的に作り出すことができます。
男性ならば、淡い色つきのシャツを着る、ネクタイの色を少し変えてみる、女性の場合は口紅を変えるなど自分が好きだと思う色をさりげなく身につけることによって、やる気と自然な心地よさを手にいれませんか。

  色彩を上手に取り入れよう!
 普段何気なく選んでいる色がこのように私達の身体に影響を与えているとは、驚きですよね。
 部屋のコーディネート、毎日の服など色はとても身近で切り離せない存在です。しかし、その色彩を上手に取り入れることによって、健康・若さ・活力を向上させることが出来るのではないでしょうか?
 男性も女性も、少し明るめの色を意識して取り入れることで健康とやる気をパワーアップさせませんか。

もうそろそろ梅雨のジメジメともおさらばですね。バーゲンが始まれば、明る〜い色の服(特にピンク)を買おうと決心した、担当:吉田でした。
お便りはこちらまで。


Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.