アメリカンチェリー

            春から夏が旬のアメリカンチェリーですが、関節炎や痛風
         などの痛みに対して効果があることが分かってからは、濃縮ジュース
              なども出回り手軽に摂取できるようになっています。


    関節痛というと、一般的にエビやカニなどの甲殻類が良いと言われています。これは、
  甲殻類に含まれるグルコサミンという成分が、新しい軟骨の生成を促進し、変形関節症の
  進行を食い止める作用があるといわれているからです。
    また、痛みそのものの改善には、アントシアニンという色素成分を豊富に含む「アメリカ
  ンチェリー」が注目されています。アメリカンチェリーは品種名ではなく、アメリカから輸入さ
  れたチェリーの総称で、タルトチェリーやブラックチェリーなどとも呼ばれています。

           どうして痛みに効くの?

 ・痛みのもとになる炎症を引き起こす酵素(COX)を抑制する

 ・痛風の原因である「尿酸」を分解する


   また、アメリカンチェリーには尿酸の排泄を促すクエン酸も含まれているため、アメリカ
    では『痛風に効く民間薬』として知られているようです。


   赤色が濃いものほど効果が高く、アントシアニンは、加熱・冷凍しても成分が
   ほとんど変わらないとされています。旬の時期に大量購入して、
   冷凍やジャムなどにすれば、毎日食用することもできます!
   工夫して、取り入れてみませんか。

上に戻る上に戻る
  食材>アメリカンチェリー
                                 


Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.