山芋         5cm程
  アボガド       1個
  レモン        1/2個
  濃い口醤油    大さじ2
  わさび        適量  
                     ヤマイモ

  種類と特徴
   ヤマイモは「山のうなぎ」と呼ばれるほど栄養分が豊富で、古くから滋養強壮の食材として
 珍重されてきました。粘りが強い自然薯、手のひらのような形のやまと芋など様々な種類が
 ある中でも、最も一般的で生産量が多いのは長芋。
 それぞれの特徴を生かして、煮物・酢の物・とろろ汁
 など多彩な使われ方をしています。


  
栄養素
  ヤマイモはデンプン分解酵素のアミラーゼと消化酵素のジアスターゼが
豊富で、胃にとても
 やさしく消化を助けます。
  また、ムチンと呼ばれる独特のねばねば成分は気管支や肺、胃腸などの粘膜保護に有効
 で、たんぱく質の消化吸収を助けてスタミナを増強すると言われています。ヤマイモを食べる
 と「精がつく」といわれるのはこのためです。



 粘膜成分“ムチン”
  
   ムチンは食品に含まれるだけではなく、呼吸器や
 消化管、目鼻などヒトの粘膜の表面を覆っている物
 質です。胃が胃酸で溶けないのはムチンによって
 胃粘膜が保護されているからです。



 
 選び方のポイント
    傷が少なく、乾いているもの。
    切って売られている場合は、切り口の色が白いものがよい。

 
 保存法
   丸ごとなら新聞紙にくるんで冷暗所で保存する。
   切ったものはラップできっちりと掴み冷蔵庫の野菜室へ。
   すりおろしたもの、千切りにしたものは冷凍保存可能。

  調理のコツ
   独特のぬめりと灰汁が出るので、皮をむいたら酢水につける。
   金物との相性が悪いので、すり鉢でおろしたりポリ袋に入れてたたくなど、
   刃物はなるべく使わないほうがよい。


まぜるだけ★簡単! 山芋とアボガドのわさび和え
〜レモン醤油風味〜

  山芋とアボガドの食感の違いが楽しめる、さっぱりレシピ
                          ピリっとわさびをきかせてどうぞ!

    【材料】

【作り方】
  @山芋は皮をむいてポリ袋に入れ、すりこぎすりこぎ
    などで1口サイズの固まりになる程度にたたく。
  Aアボガドは皮をむいて種をとり、2cm角に切る。
  Bボールに山芋とアボガドを入れ、レモン汁と醤油
    お好みの量のわさびを入れ混ぜ合わせれば出
    来上がり♪

 ※ポン酢やお好みのドレッシングなどと和えても美味しく召し上がれます!
                                   
                                   協力:神戸市在住の森田さん

上に戻る上に戻る
  食材>ヤマイモ
                                 


Copyright TFK CORPORATION. All rights reserved.